院内で車椅子を押す女性

階段の昇り降り

支える女性

前後の移動

「昇降機」というのは、文字どおり、のぼったり、おりたりする移動をサポートする機械のこと。
例えば、車椅子が段差を越えることが出来るように、車椅子を載せ、地面から垂直にせり上がって段差と高さを同じにするという車椅子用の昇降機があります。
ただ、この昇降機のシリーズには、垂直的な移動によって段差を越えるだけではなく、斜めに動いて階段の昇り降りをサポートするタイプのものもあるのです。
つまり、上下運動に前後運動のニュアンスを掛けあわせた、新しい昇降機なのです。

この「階段用」の昇降機の仕組みは、階段の手すりと平行に設置されたレール。
昇降機はレールに沿って動き、昇り降りをすることになるのです。

直線と曲線

階段とは、いつも直線であるとは限りません。街や、その中にひしめくように建てられている建物は限られたスペースの中で、いかに効率的な移動を可能にするかということで、さまざまな形の通路を組み合わせています。
直線の階段が一方にあれば、曲線の階段やらせん階段まであり、まさに車椅子にとっては迷宮とも言えるものになっているのです。
直線的な階段に関しては、上に書いた昇降機が活躍しますが、最近では曲線階段を、曲がる角度に合わせて移動して昇り降りすることが出来るという優れた製品も登場しています。

これら階段の昇降機は、常にそのそばにあって動くことが可能になってはいますが、使わないときには電源を切ってテーブルを折りたたみ、壁際にまとめることが出来るようにもなっています。