院内で車椅子を押す女性

椅子式昇降機

介護をする女性

車椅子をおりて

階段の下まで移動してくると、いったん車椅子から下りて、壁に設置された椅子に腰かけます。コンパクトで座り心地の良い、やわらかな椅子です。
落ちないようにバンドで身体をとめ、それから、スイッチを入れます。すると、スルスルと椅子がなめらかに動いて登っていくことになります。
車椅子ごとのぼる昇降機ではなく、人を載せて昇り降りする昇降機。

このタイプのバリアフリー用品にある特徴は、何と言っても、コンパクトであるということ。
何しろ国土が小さいものですから、日本の住宅はどうしても狭め、小さめになってしまうという特徴があります。それに合わせて、人だけを載せてコンパクトに移動する昇降機が、登場したのです。

業者のサポート

車椅子昇降機や、椅子型の人を載せる昇降機。これらのバリアフリー用品に欠かせないのが、業者のサポート。
何しろ、人が移動するために必要なものですから、故障してしまったり、乗り心地が悪くなってしまったりすると、困ってしまいます。
そこで、何かあったらすぐに駆けつけてくれるという業者のサポートは充実しているのです。

何かあったときにすぐに駆けつけてくれるばかりでなく、定期的に、機械のメンテナンスを行うというサポートを受けることが出来るという業者もあります。
このようなキメの細かいサービスが行われているからこそ、昇降機は生活の一部となっているのです。
機械と、それを製造し、完璧な状態に保持してくれる取り組みがあって初めて、日本のバリアフリーは成り立っていると言えます。