老婆と医師

取付工事

指をさす老人

車椅子の昇降機を取り付けるためには、大なり小なり、工事が必要です。例えば、設置するために地面に穴を掘るピット工事。昇降機がスムーズに段差を解消するために、必要な工事です。

詳細を確認する

床と昇降機

車椅子の昇降機を、ピット工事を経て設置した場合には、そのデザイン性に注目することが必要です。特に、床のデザインと、昇降機の「テーブル」のデザインに。その理由について、明らかにしましょう。

詳細を確認する

小型化

笑顔で話す人

あらゆる機械はいつしか「小型化」の流れに乗ることになります。それは車椅子の昇降機も同じことです。より便利に、より軽々と、そしてよりスマートに、バリアフリーを実現することが出来るようになったのです。

詳細を確認する

階段の昇り降り

支える女性

階段を移動するのに使われる、車椅子の昇降機もあります。上下の移動ではなく前後の移動をサポートする機械で、最近では直進する階段だけでなく、曲がり階段でも使えるタイプのものも出ています。

詳細を確認する

椅子式昇降機

介護をする女性

車椅子を一旦おりて、椅子に腰掛けるような形で階段や段差の昇り降りをすることが出来る、「椅子型昇降機」もバリアフリーのための最新技術として活躍中です。今や、家の中の移動に障害はなくなったかのようです。

詳細を確認する

車椅子で昇り降り

ファイルを持つ医師

高齢者向けの賃貸住宅や有料老人ホームを紹介している検索サイトがあるので利用してみましょう。安心の暮らしができます。

業務効率化のヒントは介護ソフトにあり!多くの現場で用いられている理由は、国保連への伝送がスムーズに行なえることです。

車椅子に乗って移動しなければならない人が何より苦にしているのは、「段」であるそうです。
想像してみればすぐに分かります。平面を移動するのには優れている円形の車輪も、限られたパワーで段差を登るのは容易なことではありません。
自動車のような馬力や安定性があれば、ある程度の段差や階段なら越えていけるのですが、車椅子ではそういうわけにはいきません。そういう意味では、自動車よりももっとソフトな「クルマ」であるわけですから。

そういうわけで、車椅子で段差を越えたり階段を登ったりするためには、車椅子そのものではなく、世界の方に変わってもらわなければならないのです。
スロープというのは、「変化」のレベルとしては及第点に達するものでした。段があるから車輪は昇り降りが困難でしたが、スロープならスムーズに移動することが出来ます。
もちろん、スロープの角度や長さもありますから、車椅子に乗る人が自力で移動するのは難しい場合が多いとはいえ、例えば介護をしていて車椅子を押している人にとっては、車椅子を抱えなくてもいいという大きなメリットがあります。

車椅子のための昇降機は、スロープに続く「車椅子のためのバリアフリー」の一品。
スロープは段を消してスムーズにのぼりおり出来る地面を作りましたが、昇降機はちょっとした操作で、ラクラクと1人で段差を越え、階段を昇り降りすることを可能にした機械です。

バリアフリー用品としての昇降機は、現在ではいろいろなところに設置されていて、公共施設やビル、一般家庭の玄関先にまで、目にする機会も多くなりました。

介護事務のソフトがこちらで販売されています。保険請求業務の手間を大幅に削減することが出来るソフトですよ。